U12 ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016を見に行ってみた

8月28日に味の素フィールド西が丘にU12ジュニアサッカーワールドチャレンジを見に行ってみた。
ジュニアサッカーのレベルがどれほどのものかを見に。
コーチライセンスは取得したが、教えるチャンスがないものでとりあえず見に。



「フットボールのテクニックは12歳までに決まる」とかつてヨハン・クライフさんは言いました。
見るべきものがある年代、しかもバルセロナ。自分はバルセロナのソシオでもあるのでかなりワクワク。
しかも、育成に力を入れているマンチェスター・シティも来ている(前日負けてた!)。


10時キックオフの準決勝第一試合、ヴェルディ対バルセロナ
バルセロナの選手がすばらしい、尋常じゃないくらい(一度に4人とか)選手交代をするのに
出てくる選手が全く遜色ない。同じようにプレーを披露してくれる。



この試合を見て、ヴェルディとバルセロナの一番の違いがひとつあった。
テクニック的にはヴェルディの選手もバルセロナの選手もそれほど大差はなかった。
バルセロナはトップチームと同じ考えのもと、トレーニングされている。
「ボールを保持して、攻めること」が簡単なコンセプト。
2チームの違いはボールを失った時の反応だ。


image.jpeg


バルセロナはボールを失った時、後ろに下がることを全くしない。
失った瞬間に、3人、4人で囲い込む。躊躇しないでスライディング。そのスライディングも足馴れてる。
まるでボール狩り、かつてのアヤックス、オランダ代表、グアルディオラのバルセロナのようでした。
大袈裟かもしれませんが、U12でここまで徹底されているのは驚きという他ないです。


この中から、バルセロナBやトップチームに上がれるのはいったい何人くらいなのかな?
バルセロナの中で、すばらしいと思った選手は5番のラリオスくん、6番のカプデビラくん(あのカプデビラの息子かな?)。
ヴェルディで、印象に残ったのは当たり負けしない14番の女の子!

11時20分から開始の準決勝第二試合 大宮アルディージャ対川崎フロンターレの試合も見ました。
この試合も興味深いものでした。結果はPKで大宮が勝ちましたが、将来有望株の選手を3人も見つけました。


選手の特徴によるものだと思うのですが、2チームとも全く考えが真逆。
ポゼッションの川崎、堅守速攻の大宮(バルセロナとの決勝でも徹底していた)。
ボールを持つので必然的に目立つ形だったので、有望株4人はともに川崎の選手。
10番城田くん、左利きのプレーメーカー的にバックラインまでボールをもらいに下がってくるのが印象的。
30番山田くん、右足、左足ともに上手く使える。ボールを前に運ぶのがとてもうまい。
スペースを見つけてスルスル運ぶ。ボールを持ちながら周りがきちんと見えていなければできないプレー。
この二人と4番の戸田くん中心に川崎はゲームを作っていた。
そして、最後に19番GKの長田くん、足元が抜群、フィールドプレーヤーとして、上の3人とゲームを作れるレベル。
まだ、U12なのでコンバートは普通にあり得る(DFもすでにやっているらしい)。
一試合見ただけだが、もっともっと上手くなるだろうなと思った。

image(1).jpeg

こちらの記事も一緒に読まれてます。